富士ソフトとコンカー、パートナー契約(国内第1号)で基本合意 あわせて、富士ソフトはコンカー社のクラウド型経費精算システムをアジア最大級規模で社内導入

~富士ソフトのクラウド戦略の拡大とコンカーの国内販売拡大を目指す~

2012年9月12日(東京) – 富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)と株式会社コンカー(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:三村 真宗)は、クラウド型経費精算システム「Concur Expense(コンカー・エクスペンス)」に関するパートナー契約締結について基本合意いたしました。あわせて、アジアでも最大級規模となる富士ソフトへの社内導入についても契約が完了し、2013年1月の本稼動を予定しておりますことをお知らせ致します。

クラウドコンピューティングの活用が拡大を続ける中、基幹系社内情報システムへのクラウド利用ニーズも増えてきております。今回、富士ソフトとコンカーはパートナー契約を締結し、90 カ国/17,000 社を超える導入実績のあるコンカー社のクラウド型経費精算システム「Concur Expense」を日本市場にて展開、拡大を目指します。また、富士ソフトでは販売開始に先立ち、コンカーとしてアジアでは最大級となる1万人規模の社内導入を実施します。

コンカーとのパートナー契約の締結により、富士ソフトはコンカー社のクラウド型経費精算システムを新しいクラウドサービスとして提供することが可能となります。また、社内導入のノウハウを生かし、ERP など他システムへの連携を含めた提案から運用保守までをクラウドソリューションとして提供開始することで、クラウドビジネス戦略の拡大を目指します。コンカーは、富士ソフトとのパートナー契約によりこれまで以上に大きな推進力を持って日本国内への販売拡大を目指します。

【コンカー社のクラウド型経費精算システム「Concur Expense」サービス概要】

  • サービス名称: Concur Expense (コンカー・エクスペンス)
  • 提供開始日: 2012 年10 月1 日(月)
  • 導入目標: 2015 年度までに200 社
  • 機能: 経費申請機能に加え、日本オリジナル機能であるジョルダン乗換案内との連携やIC カードからのデータ取込機能がある。

 

【富士ソフト社内導入の概要】
コンカーのクラウド型経費精算システム「Concur Expense」を導入。既存システムとのシステム連携部分を含め社内構築を開始しており、2013年1月稼働を予定しています。対象は、第一段階として社内6,000人に展開し、第二段階以降にグループ企業を含めた10,000人へ展開します。これにより年間30%の費用削減効果を見込みます。

*Concurは、米国Concur Technologiesの商標および登録商標です。

Loading next article