コンカー、DeNAのグローバル経費管理基盤として稼働

~導入後、経理部門の業務負担はを6割以上削減、グループ会社や海外拠点に順次展開~

2014年6月4日(東京発) - クラウド経費管理のリーダーで世界第2位のSaaSプロバイダーであるConcur Technologies, Inc.(本社:米国ワシントン州、Nasdaq: CNQR)の日本法人である株式会社コンカー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下、DeNA)が「Concur Travel & Expense Cloud」を活用したグローバル経費管理基盤を構築、稼働を開始したことを発表しました。

DeNAは1999年に創業し、ゲーム、eコマース、エンターテインメントなどの事業を推進、ネット時代のニーズに応えて急速に成長してきました。アメリカ、中国、韓国、シンガポールなどに拠点を構え、フルタイムの従業員数は全世界で約2,000人におよび、国内外に複数の子会社を有しています。今後持続的な成長を実現するため、グローバルレベルで経営情報を可視化し、業務を最適化する経営管理基盤の構築が求められていました。

DeNAはまず2013年前半に韓国で先行導入を実施。韓国での高評価に加え、「Concur Travel & Expense Cloud」の直観的なユーザビリティー、スマートフォン対応、多言語・多通貨対応、開発者の利用環境に合わせた複数ブラウザ対応などを高く評価。2013年8月に本社および国内のグループ会社への採用を決定、12月には財務会計システムとの連携などの試験導入を進め、2014年2月に本番稼動しました。Concurのサービスを利用する従業員は国内の主要グループ会社5社(DeNA、モバオク、ペイジェント、エブリスタ、DeNA GamesOsaka)で、約2,000名となります。

「Concur Travel & Expense Cloud」はユーザビリティー向上による経費精算業務の省力化と従業員の生産性向上、経費規定の自動検知によるグローバルガバナンスの強化、基幹システムでは把握しづらい経費明細(ホテル、タクシー、鉄道、接待など)レベルまでの経費分析を可能にしています。また、提出された経費精算を処理する経理部門はバーコードスキャナーなどと連携させ、経費処理工数を1/3に削減、経理担当要員の半減を実現しています。また、同社の基幹業務を支えるクラウドERPとも連携、グローバルレベルで全社的経営管理基盤として稼働しています。

今後も海外拠点、グループ・関連会社への展開を積極的に進めるとともに、スマートフォンによる「Concur Mobile」の活用も進め、さらなる間接費・経費管理の高度化と従業員の生産性向上を図っていく予定です。

DeNA 経営企画本部 IT戦略部 部長の村上淳氏は、以下のように述べています。
「グローバルレベルでビジネスを可視化できる経営管理基盤の構築を進めていました。財務会計、管理会計と共にConcurは経費精算システムとして大きな役割を果たしています。今後、さらにグループ各社に展開、モバイルなども活用し、従業員の生産性向上にも役立てたいと思っています。」

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、以下のように述べています。
「グローバルで活躍される業界最大手のDeNA様の経費管理システムとして Concur Travel & Expense Cloud を採用いただきました。同社のグローバルでのビジネス展開、および、経費管理を支援させていただくとともに、サービス提供事業者との連携を進め、同社の成長に貢献できるクラウドサービスを引き続き展開していきたいと思っています。」

 

■株式会社ディー・エヌ・エーについて
DeNAは、1999年に設立された、ゲーム、eコマースなどのインターネットサービスを中心に様々な事業展開をしている企業です。「Mobage(モバゲー)」プラットフォームでは、多数のゲームが日本、欧米、中国などのユーザネットワーク向けに提供されています。またマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」、教育アプリ「アプリゼミ」など、事業領域にこだわることなく新しいサービスも次々と立ち上げています。近年、プロ野球への参入や陸上チームの創設などを通じてスポーツ支援活動を積極的に行っています。(http://dena.com)

■株式会社コンカーについて
SaaSプロバイダーとしては世界第2位の規模である米国 Concur Technologies(NASDAQ上場企業)の日本法人です。2011年2月、資本金4億円で設立されました。コンカーは出張・経費管理の分野でグローバル スタンダードである『Concur Travel & Expense Cloud』をはじめとする従業員のバックオフィス業務を支えるサービス群を提供します。コンカーの詳細についてはwww.concur.co.jpをご覧ください。

■コンカーについて
コンカー社は、全世界で約2,200万人のユーザー数、およびFortune500の61%の企業が利用する世界トップシェアの出張管理クラウドサービスを提供しており、各地域におけるリーディングカンパニーとの提携を重要な戦略と位置づけ、ビジネスを拡大しています。コンカーは出張・経費管理におけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。モバイルでも利用可能なクラウドソリューションはコスト管理と従業員のムダな時間消費を削減します。Concur Travel & Expense Cloudを通じた継続的なイノベーションと、エコシステムを活用したアプリケーション、コンテンツの拡充、そして、外部情報を組み合わせた包括的な出張・経費データの活用により、お客様の出張・経費管理の価値最大化に貢献します。これはコンカーが掲げる企業ビジョン “The Perfect Trip™”の戦略に基づくものです。また、The Concur Perfect Trip Fundは最先端で革新的な出張に関するテクノロジーを持つ企業に投資を行います。2013年10月に行われた初めての年次開発向けカンファレンスにて、優秀賞として10万ドルを付与しています。詳細はhttp://www.concur.comまたはコンカーブログをご覧ください。

Loading next article