Concur Invoice 製品デモ:ポンっと一発自動取込。スマートな請求書管理

紙やPDFなど、サプライヤーによって形状が異なれば、フォーマットも異なる請求書。しかもタイミングもすべてバラバラ。これらをシステムに入力するのも一仕事です。
請求書を受け取った担当が請求書処理をつい後回しにしてしまって、月次決算処理が遅れてしまった、、、という経験は経理のご担当者であればあるのではないでしょうか?

そんな問題もConcur Invoiceなら解決。請求書データも自動で入力。担当者の手間を大幅に削減します。もちろんモバイル端末にも対応しているので、上長が出張中でも外出先で承認することが可能。また定期請求書への対応や、自動税計算機能もついているうえ、社内の監査ルールも自動チェックする機能が付いているため、ガバナンスを強化しながら請求書管理の大幅な効率化を実現します。

また、CFO協会との共同調査で明らかになった「請求書データの分析の成熟度が低く、79%が可視化に問題がある」という結果から分かるように、請求書データの解析については多くの方が課題意識を持たれています。
それもConcur Invoiceなら標準レポートを装備、どのサプライヤーにいくら支払っているか、どんな経費支出が多いのかも一目瞭然。請求書データの見える化からコスト削減やガバナンス強化など、新たな対策への糸口が見つかるでしょう。

Concur Invoice 製品デモ では、これらのConcur Invoiceの機能を実際の操作画面を使ってご紹介します。

是非Concur Invoiceのスマートな請求書管理を是非体験ください。
Concur Invoice 製品デモ

Loading next article