コンカー、「働きがいのある会社」ランキングで 3年連続 ベストカンパニー受賞

「経営・管理者層への高い信頼感」、「思いやりのある文化」、「仕事に行くことが楽しい会社」などが評価

出張・経費管理クラウドのリーダー、株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は株式会社働きがいのある会社研究所(本社:東京都品川区、代表取締役:岡本利奈子)が運営するGreat Place To Work® Institute Japanが発表した2017年版日本における「働きがいのある会社」ランキング、従業員25〜99人部門において13位に選出され、3年連続でベストカンパニーを受賞しました。

同ランキングは、Great Place To Work® Instituteが主催する世界最大規模の従業員意識調査で、日本を含む世界約50カ国で、「働きがい」について調査・分析を行っています。コンカーは従業員アンケートなどをもとに、「経営・管理者層への高い信頼感」「従業員の自主性への高い信頼感」「従業員は公平に扱われている」「感謝の気持ちの高い文化」「温かく、思いやりのある文化」「風通しのよい社風」「仕事に行くことが楽しい会社」などの項目で高い評価を獲得し、「ベストカンパニー賞」を受賞しました。

お客様、仲間、自分自身へのコミットメントと着実な実行が実現する約2倍の成長率
コンカーは日本に出張・経費管理(Travel & Expense、以下、T&E)市場を確立し、最高水準のクラウドサービスを通じて、日本企業の競争力強化に貢献するというミッションを掲げています。私たちはこのミッションを実現するために企業理念である “Concur Japan Belief” を全社員と策定、「私たちのミッション(Our Mission)」、「私たち何を目指しているのか(Our Vision)」、「どんな価値観を大切にするのか(Our Sprit)」に落とし込み行動指針として日常業務で実践しています。お客様、仲間、そして、自分自身へのコミットメントと着実な実行が昨年比約2倍の急成長の原動力となっています。

多様なワークスタイルに対応した人事施策など、働きやすい環境づくり
日本のビジネスパーソンの生産性向上を支援する立場から、自社社員に対しても働きやすさを考慮した様々な人事施策を展開しています。すでに、在宅勤務、育児短時間勤務、ジェンダーフリー採用、キャリアカウンセリング制度、インターナルジョブポスティング、定年退職者に向けたプロフェッショナル採用を実施しています。特に女性の活躍を支援するため、2016年にベビーシッター補助制度を開始、利用金額の半額をコンカーが負担する取り組みも始めています。
また、社員同士の円滑なコミュニケーションを図ることを目的として、2013年に文化部を設置。役職や部署の垣根を超えて交流することが、イノベーティブなアイディアが生み出される環境の基盤となっています

成長期を支える多様な人材を積極採用
グローバルなビジネス競争が進む中、直接費管理だけでなく、経費をはじめとする間接費管理改革を進める日本企業が増えています。コンカーはすでに日本企業時価総額トップ100企業の21%に採用されており、2020年までに60%に拡大することを目指しています。この目標を達成するために多様な人材を積極的に採用しています。コンカーでT&E の分野で立ち遅れてきた日本企業の改革を支援し、グローバル市場での競争力強化にチャレンジしたい方は関連リンクをご覧ください。

(関連リンク)
コンカーを職場に選ぶ理由(プレゼン資料)
 - http://www.slideshare.net/ConcurJapan/20166-62681334
We Love Concur(紹介動画)    
 - https://www.youtube.com/watch?v=XQOnR6d4bQY
Concurで働く。(採用ページ)    
 - https://www.concur.co.jp/jobs

本受賞に関し、コンカーの代表取締役社長である三村真宗は次のように述べています。
「3年連続で『働きがいのある会社』に選出された喜びを社員全員と分かち合いたいと思います。この結果は、社員一丸となって会社を成長させていくという強い想い、社員一人ひとりがリーダーシップを発揮しT&E市場のパイオニアを目指すという強い使命感の表れであると思います。今後もお客様の間接費改革を通じ、世界レベルで活躍できる日本企業をさらに増やし、日本の国際競争力強化に貢献すべく邁進していきたいと思います」

世界最大規模の従業員満足度調査「働きがいのある会社」ランキング
「働きがいのある会社」ランキングとは、「働きがい」に関する調査・分析を行い、一定の水準に達していると認められた会社や組織を有力なメディアで発表する活動です。
Great Place To Work® Institute Japanは「働きがいのある会社」を『従業員が勤務する会社や経営者・管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感が持てる場所』と定義付けており、外部の人やその会社の制度の充実度で判断するのではなく、その職場で働く従業員から評価を直接調査に反映するという手法が特徴です。
この定義に基づき、20年以上にわたって世界約50カ国で調査が行われています。日本では2007年より調査、発表を行っています。
 
本賞に関する詳細は下記URLをご参照ください。
2017年発表「働きがいのある会社」ランキング:http://www.hatarakigai.info/

Loading next article