JA-JP Jobs header block

採用情報|Concurで働く|セールス エグゼクティブ02(大手担当)

営業本部 第1エンタープライズ営業部 セールス エグゼクティブ
岡山奈央
アメリカン大学 国際関係学部/立命館大学 産業社会学部 2011年卒
自分らしい営業活動が出来、毎日が楽しい!
直販営業未経験から数ヶ月で単身での営業活動

現在私は、従業員3000人以上の大企業を対象とするエンタープライズ営業部で、製造業、なかでも製薬会社や化粧品関連などの消費財企業を70〜80社担当しています。

Concurに入社したのは2015年5月で、以前は外資系IT企業でパートナー営業(販売代理店に対する、営業支援活動)を担当していました。「お客様に直接ものを売るという本当の意味での営業の現場は未経験でしたが、OJTを通じて仕事を教えて頂きました。入社後、2〜3カ月後からは徐々に一人で営業先を訪問しはじめました。

Concurに転職した理由は、経費精算という市場のポテンシャルに魅力を感じた事に加えて、自分の能力で売れるイメージが、他のどの転職候補先の商材よりもつきやすかったことにあります。本来であれば大手企業を対象とする直販営業を5年以上経験していることが営業職の採用条件ですが、私の場合、その条件から外れている中での応募でした。私自身、「ポテンシャル採用」で入社しましたが、Concurは私のようにチャレンジする者を快く受け入れてくれる風土があると今でも感じています。

お客様のメリットを第一に考える営業を

今の仕事は「毎日が楽しい」の一言に尽きます。営業は自分がやった分だけ売上という数字が返ってくる仕事です。やり方はそれぞれに一任されているので、自分なりに戦略を練りながら進めています。お客様を訪問する前は、どう話を進めるかというストーリーを何度もシミュレーションするのですが、その結果、お客様がイメージ通りの反応を示してくれときは、思わず「やった!」という気分になります。そういう時は、営業としてのやりがいや面白さを感じます。

興味を持って下さるお客様も多いのですが、なかには興味を示してくださったとしても、「使いこなす自信がない」「今はまだ様子をみたい」というお言葉をいただくケースも少なくありません。そういうお客様に対しても、Concurを導入するメリットを丁寧に説明し、Concurの世界観を少しずつ理解していただけるよう戦略的に活動していきたいと考えています。

それぞれのやり方を尊重する職場環境

現在20人程いる営業メンバーの中で、私は唯一の女性で、最年少です。それでも自分の考えを尊重してくれ、任せてくれるのがConcurという会社です。