導入のご相談: 03-4570-4666
お問い合わせ
03-4570-4666
03-4570-4666

SAP CONCUR
FUSION EXCHANGE
2020 JAPAN

日本最大級のバーチャルイベント

今年はバーチャル空間にて、7日間に亘り開催します。基調講演を始め、コンカーの製品セッション、スポンサー様のセッション、外部連携パートナー様のセッション等、約100セッションを用意。皆さまのニーズに合わせてコンテンツをお届けいたします。

既にご登録済みのお客様はこちら新規登録はこちら

ペーパーレス・キャッシュレスでデジタル変革を。

SAP Concur Fusion Exchangeは、経理財務部門向け世界最大級のバーチャルイベントです。

今年は9/8(火)より7日間、対象者別の内容をバーチャル環境にてお届けいたします。 激動する世の中の変化に伴い、企業の在り方と従業員の働き方も変化をせざる得ない状況となり、多岐にわたる変革を求められます。 コア業務に注力し、ノンコア業務をなくす。今までも当たり前だった考え方が、より深く鮮明になってきました。 明日の成長に向けたデジタル・トランスフォーメーションで変わる会社と新しい働き方を、様々な業界の団体・企業の方と一緒に、間接費改革の必要性について議論し考察いたします。


推奨環境はこちら

今すぐ登録

基調講演・事例講演等でご登壇いただく民間企業・大学・行政機関 一覧

一度登録すれば全日程、全てのセッションを視聴可能!

業種・企業規模に応じた多種多様なコンテンツをご用意
必要な情報が必ずあります!是非ご参加ください
※一度の登録で全日程ご参加いただけます

SAP Concur でDXを実現!事例登壇7社より紐解きます

間接費業務のベストプラクティスがここにある!全従業員に関わる「紙/ハンコ処理」業務のデジタル化は、テレワーク推進上「待ったなし」。コンカー導入によりデジタルトランスフォーメーションを実現した企業様に聞く成功のポイントと間接費改革を「DXのトップバッター」に据えた理由とは。事例と取り組みを中心に豊富なコンテンツをお届けします。

【プログラム一覧】
【登録はこちら】

中堅中小企業でもSAP Concur が使われる理由は?

「コンカー=大企業向け」はもう過去の話!老舗企業からベンチャーまで、コンカーで領収書・請求書の電子化を実現、紙・ハンコ文化から脱却した中堅中小企業ならではの成功事例を一挙公開。様々な選択肢からコンカーを選んだ理由や、ペーパーレス化成功の秘訣、変わる経理の働き方に迫ります。また税制改正で変わる電帳法の最新情報もお届けします。

【プログラム一覧】
【登録はこちら】

SAP Concur を「使い倒す」秘訣を事例で紹介

コンカーの最大活用に向け、“導入後”に焦点を当てた豊富な活用事例をご紹介!いま話題の“電帳法対応”やテレワーク対応に欠かせない“請求書・領収書の電子化”をはじめ、間接費改革の実現過程と効果を語って頂きます。さらなるお客様支援のために進化したコンカーのカスタマーサクセス活動もお見逃しなく!

【プログラム一覧】
【登録はこちら】

SAP Concurフル活用で実現!脱「紙・ハンコ」の近道

"導入後"の活用事例を深堀り!請求書も含めた電子化をどのように実現したのか?脱ハンコ・ペーパーレスで経理の働き方がどう変わるのか?中堅・中小企業様ならではのリアルに迫ります。コンカーの最大活用で経理の皆様を成功に導く!進化した"カスタマーサクセス" 活動。知っておきたい電帳法対応の最新情報まで漏れなくお届けします。

【プログラム一覧】
【登録はこちら】

民間事例から考察するDXの自治体ベストプラクティス

コロナ禍により国民のデジタルシフトは大きく促進されました。
今までの常識が刷新され、求められるサービスの質と内容が変わります。 「行政」は時代の変化をどう捉え、何をすべきなのか?また、地域との結びつきを強くするために必要な事とは何なのか? 実際に変革へ取り組んでいる「事例」を交えて考察いたします。

【プログラム一覧】
【登録はこちら】

大学経営のニューノーマル!DXのあるべき姿とは

生れた時からデジタルに慣れ親しんでいるZ世代にとって、ITツールの活用はいわば「生活の一部」となります。 学びの質を向上させる、環境の構築は急務であり、これからのニューノーマルとなります。 学生の満足度を高め、経営にも寄与するデジタルトランスフォーメーションの要諦とは何か?

【プログラム一覧】
【登録はこちら】

DXで目指す紙のない世界を「Partner ecosystem」で実現

コンカーでは多くのパートナー様とサービス連携することでバックオフィス業務のDXを強く推進しております。 最終的に目指している「経費精算のない世界」の実現に向けて、現在取り組んでいるサービス内容やビジョンをご紹介いたします。

【プログラム一覧】
【登録はこちら】

話題の注目コンテンツ&最新ニュース!!

※順次最新情報をアップデートいたします

【プレゼント】ビジネスキャッシュレス活用完全ガイド

本イベントに参加 + アンケート回答で【ビジネスキャッシュレス活用完全ガイド】をいち早くプレゼント!電子帳簿保存法の今回の改訂や従来の領収書電子化との違い、「デジタル明細」と「領収書」の使い分けなど、税制改正の特徴とポイントが盛りだくさんです。

コンカー代表があなたの質問にライブで答えます

基調講演中に頂いた質問に、弊社代表取締役社長 三村が直接お答えいたします。7日間全てLiveで回答します。是非、ご参加ください!
※時間的制限により回答質問数は限定的になる場合がございます。予めご了承ください。

税制改正目前「経費精算&電帳法」何が変わるか徹底解説

【コンカーのトライアル導入事例を紹介】令和2年度税制改正が10月に施行。キャッシュレス決済を使えば紙の領収書が不要、経費精算に関する業務負担がますます軽減されます。「キャッシュレス=ペーパーレス」の運用を行うために押さえるべきポイントを徹底解説します。

コンカー経理が完全在宅で請求書処理を実現した秘訣

在宅勤務が一般的になりつつあるなか、経理チームの「請求書出社」を無くす・減らすために、今すぐ着手できることとは?コンカー経理部門のマネージャーがコンカーでの取り組みや電子帳簿保存法を交えた「すぐ始められる請求書のペーパーレス化」について語ります。

【アンコールセッション】
岸 博幸 氏

元経済産業省官僚で現在、慶應義塾大学 教授を務める岸博幸氏が登壇!コロナウィルスが経済・社会にもたらした不可逆的な構造変化を踏まえ、感染収束後に日本の企業はどのようなイノベーションを創出し、新たな環境の中で生産性を向上していくべきかについて考察します。

時空を超える大学の構築
慶應義塾常任理事 國領 二郎 氏

慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパスで総合政策学部長、研究所長などを歴任し、現在は慶應義塾常任理事を務める國領二郎教授が語る、慶應義塾のデジタルトランスフォーメーションとは?数十年変わらない紙プロセス、マニュアルの業務処理、部門内外システムの統合などといった日本中の教育機関が抱える課題を紐解き、これからの大学像をシステムの観点から考えます。

自治体DXを推進中の3県市の
合同セッションを開催

広島県、春日井市、三鷹市の自治体デジタルトランスフォーメーション(DX)の立役者が、自治体ならではの組織内調整、規則の縛り、属人的なプロセス等を乗り越え、DXを実現に導いたのかを語ります。また、Concur Invoiceを活用し、請求書管理の電子化・ペーパーレス化、効率化をどのように目指すのか。コンカーと行う実証実験についてもご紹介します。
※コンカーは学校法人や公共機関向けに、SAP Concurソリューションの実証実験環境を先着10団体に対して無償で提供します。

基調講演・事例講演 登壇者

東京大学大学院生物化学専攻にて修士課程終了後、マッキンゼー入社。4年半の勤務後、イェール大学脳神経科学プログラムに入学。2001年春、学位(Ph.D.)取得。ポスドクを経て2001年末マッキンゼー復帰に伴い帰国。マーケティング研究グループのアジア太平洋地域中心メンバーの一人として飲料、電子マネーを含む幅広い商品・事業開発、ブランド再生に関わる。2008年よりヤフー。2012年7月よりCSO。途中データ及び研究開発部門も統括。事業戦略課題の解決、大型提携案件の推進に加え、市場インテリジェンス部門、ヤフービッグデータレポート、データ活用を含む全社戦略などを担当。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25,29日 基調講演

1962年東京生まれ。
86年に一橋大学を卒業して通産省(現経産省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクール卒業。
小泉政権では経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣などの秘書官を歴任し、不良債権処理、郵政民営化などの構造改革を推進。
現在は経済評論家として”グッドモーニング”(テレビ朝日)、”ミヤネ屋”(読売テレビ)、"全力!脱力タイムズ”(フジテレビ)などでコメンテーターを務める他、avex顧問、総合格闘技団体RIZINアドバイザーなどを兼任。

株式会社コンカー 代表取締役社長。2011年10 月より株式会社コンカー代表取締役社長。1993 年、慶應義塾大学法学部卒業。同年、日本法人の創業メンバーとしてSAPジャパン株式会社に入社。
以後13年間に渡り、ビジネス・インテリジェンス事業本部長、社長室長、CRM事業本部長、製品マーケティング本部長、戦略製品事業バイスプレジデント等を歴任。
2006 年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、金融、通信、ハイテク企業等の戦略プロジェクトに従事し、 IT戦略・ITビジョンの策定、ソフトウェア事業のBPR等を担当。
2009年、ベタープレイス・ジャパン株式会社 シニア・バイスプレジデント。2011年10 月から現職。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25,29日 基調講演

1993年一橋大学商学部卒。経営コンサルティング会社で石油会社や自動車メーカーなどの事業戦略、業務改善戦略の策定に携わる。2010年にアマゾンジャパンに入社。ホーム&キッチン事業部事業部長、セラーサービス事業本部営業本部長を経て、18年6月より現職にてBtoBビジネスの立ち上げと拡張に従事

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25,29日 基調講演

2002年にソニーに転職し、約10年間に渡り、NTTドコモ、JR東日本との合弁会社の設立等、非接触ICカード技術「FeliCa」の事業戦略を統括。その後、ソニー本社事業戦略部門、経営企画部、モバイル事業の事業戦略等を経て、2018年5月からみんなのタクシー株式会社代表取締役社長として、配車アプリサービス、決済代行サービス、後部座席広告サービス等の事業を推進。みんなのタクシーの事業活動を通して、「移動・交通の最適化」の実現を目指す。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25,29日 基調講演

事業開発部 部長としてPayPayの事業立ち上げ、事業成長を担当。
日本のキャッシュレス決済の普及を一気に推進するため、日々邁進中。
PayPay参画以前は、ソフトバンク株式会社にてフィンテック事業における事業戦略・経営戦略の立案、事業投資の実行、ジョイント・ベンチャー設立などを担当。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25,29日 基調講演

1986年三井物産(株)入社。化学品の営業として米国勤務を含めて約20年過ごしたのち、経営企画部で情報戦略企画室設立に携わり基幹システム導入を推進。2度目の米国勤務、IR部長を経て2019年6月よりIT推進部長。同年10月デジタル総合戦略部を設立し、全社DX総合戦略を推進している。趣味はランニング。ヤクルトファン。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25,29日 基調講演

1983年、東京大学法学部卒業、住友銀行(現三井住友銀行)入行。 以降、関連事業部長、人事部長、経営企画部長、
取締役兼専務執行役員 リテール部門統括責任役員、
三井住友フィナンシャルグループ 執行役専務 リテール事業部門長等を歴任。
2018年6月より三井住友カード株式会社 代表取締役社長 兼 最高執行役員。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25,29日 基調講演

1991年川崎重工業入社。1999年から基幹業務刷新プロジェクトに参画。
2002年より情報子会社のベニックソリューションにて、ソリューションビジネスを担当。
SAP ERP検討・導入プロジェクトマネージャー/コンサルタントとして国内外案件対応。2019年に川崎重工業の働き方改革・業務改革を推進する「企画本部 K-Win企画推進部」
2020年7月に発足した全社DX推進部門である「DX推進部」にて現職。

講演日: 9月8日 事例セッション

1990年入社、入社以来、主に経理業務を中心に業務を担当。航空事業部門と複合事業(いわゆる国内事業)部門に在籍し、本社・東京・横浜・名古屋で勤務。2016年より現職。日本通運の経理業務改革を実現すべく、特命専任チームを設立した際、実務上の責任者として就任し、現在に至る。

講演日: 9月8日 事例セッション

経理として工場会計、JV会計や海外拠点の支援、給与・固定資産などを従事し、資金として資金繰り、借入、運用を従事しプロジェクトファイナンスや海外子会社の設立などを担当。
その後、大阪、北海道に転勤し、営業統括本部、海外事業統括室を経験して現在に至る。

講演日: 9月8日 事例セッション

1989年 東亞医用電子株式会社(現シスメックス株式会社)入社
1992年 経理部配属後上場申請へ向けた体制整備として会計システム、標準原価計算、総合予算制度の導入を担当
2003年 2009年までドイツ子会社 SYSMEX EUROPE駐在し、連結体制整備、M&Aなどを担当
2010年 グローバルタックスマネジメント、IFRS導入プロジェクトなどを歴任
2018年 デジタル化プロジェクト グローバル経営管理分科会リーダー 2019年 経営管理本部長 兼 経理部長(現職)

講演日: 9月8日 事例セッション

1988年サッポロビール株式会社入社
2010年サッポロホールディングス株式会社経理部長
2018年神州一味噌株式会社代表取締役社長
2019年サッポロホールディングス株式会社経理部長
2020年サッポロホールディングス株式会社 グループ執行役員 経理部長 兼 サッポロビール株式会社 経理部長 

講演日: 9月8日 事例セッション

積水化学の基幹システム(販売管理)の運用や海外関係会社へのERPシステム導入を推進。
2019年、デジタル変革の先駆けとして、基幹システム(会計)の一部である立替精算のクラウド化を企画、推進。
2020年4月から、デジタル変革推進部の設立メンバーとして参画。積水化学グループのデジタル変革の企画・推進に従事。

講演日: 9月8日 事例セッション

2003年、JALインフォテック社入社。10年強にわたりJALの人事、路線計画、運航などの各種システム開発に携わる。
2017年、外資系IT企業勤務を経て日本航空入社(現職)。経理部にてSAPをはじめとしたシステム管理を担当しながら、コンカー導入のプロジェクトマネジャーを務める

講演日: 9月8日 事例セッション

2016年山洋電気株式会社入社。経費精算システム導入プロジェクトメンバーとして、要件定義からシステムテスト、社内展開、電子帳簿保存法申請などを担当。

講演日: 9月10日 事例セッション

2000年1月、株式会社ゆめみ設立。1000万人規模のモバイルコミュニティ・モバイルECサービスを成功させる。また、大手企業向けのデジタルマーケティングの立ち上げ支援を行い、共創型で関わったサービスの規模は5000万人規模を誇り、デジタル変革(DX)支援を行うリーディングカンパニーとしてゆめみグループを成長させた。

講演日: 9月10日 事例講演

1977年 大分県別府市生まれ
大学卒業後、地元会計事務所勤務を経て、2015年 J1リーグ大分トリニータの運営会社、株式会社大分フットボールクラブに入社。財務、税務、マーケティング等の業務を中心に経営計画策定に携わる。

講演日: 9月10日 事例セッション

2005年ソニーグローバルソリューションズ入社、社内ITインフラ(メール・認証基盤)を担当。
2014年8月、リクルートテクノロジーズ中途入社、社内ITインフラ(セキュリティ・VDI・グループ各社窓口)を担当。2018年4月よりリクルートホールディングスに出向中。
現在は経理統括部とICT推進部を兼務しConcurやG Suite導入を推進。趣味は登山。

講演日: 9月15日 事例セッション

2002年オリンパス光学工業㈱に入社、その後約13年間にわたる広報・IR部での勤務を経て、2016年に財務部(現Finance, Treasury Global)に異動し、2017年4月より現職。 2018年からは全社業務改革の一環として経費精算システムの変更に着手し、プロジェクトの責任者として、2019年1月よりCONCURを導入した。現在は更なる間接業務改善に向けて、経費精算業務のデジタル化・ペーパーレス化を推進。

講演日: 9月15日 事例セッション

1985年 吉田工業㈱(現YKK㈱)入社 経理部・財務課に配属。
以来、黒部工場の経理部門を中心にキャリアを形成。2013年よりYKKビジネスサポート㈱代表取締役社長に就任。 2018年より現職。

講演日: 9月15日 事例セッション

2009年4月に株式会社ファーストリテイリング経理部門へ中途入社。 経理実務から経営企画部門、海外駐在などを経験し、2017年9月より現職。

講演日: 9月15日 事例セッション

1999年三井物産に入社、化学品部門に配属。2002年本店IT推進部(現 デジタル総合戦略部) へ異動後、海外基幹システムの展開・運用に携わる。欧州三井物産システム課(英国)等にて、経費精算システムを含め、当社国内・海外基幹システム全般の企画・構築・展開・運用に従事。その後、本店内部監査部を経て、2016年4月より現職。

講演日: 9月15日 ユーザー会セッション

入社以来、社内のシステム構築・運用に携わる。2018年にConcur導入PJに参画する。導入後は運用チームのリーダーとしてe-文書法対応やグループ会社展開などに携わる。

講演日: 9月15日 ユーザー会セッション

主に財務業務を中心に従事、SAPを含む 経理システム導入やコンカーの導入を企画、推進。

講演日: 9月15日 ユーザー会セッション

2002年に新卒で入社し、2018年よりITを使って業務効率化や多様な働き方、 お客様満足の向上などを実現できないかということに取り組んでいます。 あべの・天王寺エリア国際化プロジェクトにも参加しており、 まちづくりの観点からもITの活用方法を探っています。

講演日: 9月15日 ユーザー会セッション

2015年入社。決算・税務に従事する一方、業務効率化を目指した全社的な経理業務プロセス改善を主導。

講演日: 9月10,17日 事例セッション

1996年 財団法人日本気象協会入社。
経理・財務、広報、営業推進、気象情報サイト運営など幅広い業務に携わる。
2014年財務部着任後はIT活用による経理・財務業務の効率化やデータ活用を目指し、システム更新や業務改善にあたっている。

講演日: 9月17日 事例セッション

船橋市役所職員。情報システム課、市民税課、戸籍住民課等に在籍。2018年から総務省地域情報化アドバイザー。2020年にNPO法人デジタルガバメントラボを設立、代表理事を務める。

講演日: 9月23日 事例セッション

公共における財政・会計・行政評価等民間企業の管理会計が専門。多くの自治体において、公会計導入支援等に従事
<主な参画団体、委員>
総務省官民競争入札等監理委員会 専門委員
東村山市使用料等審議会 委員
淑徳大学コミュニティ政策学部 専任講師
早稲田大学パブリックサービス研究所 招聘研究員
前橋工科大学建築学科  客員研究員 

講演日: 9月23日 事例セッション

20年以上にわたりコンサルティング業務に携わり、2018年に公共事業部門担当パートナーに就任。 近年は”社会インフラ“関連事業(郵便・物流、中小企業、人材サービス)でのコンサルティング経験を生かし、様々な機関と協同し、政策提言やデジタルトランスフォーメーション、地方創生などをリード。

講演日: 9月23日 事例セッション

デザイン工学研究科でインダストリアルデザインや社会・公共デザイン、ビジネスデザインを専門に修学。 マーケティング支援会社を経て、コンサルティングファームに所属し、地方自治体や民間企業に対する地域産業の活性化に向けた戦略策定や事業開発支援、持続的な成長に向けた地域イノベーション人材育成や産学連携を推進。

講演日: 9月23日 事例セッション

大手 SIer からコンサルティング会社を経て現職。デジタル技術による行政サービス改革を担当。 国・自治体を通じた調達情報、支援制度情報サイトや法人インフォメーションの構築・運用をするとともに、文字、語彙、コード等のデータ連携基盤整備、web サイトの抜本的な見直し等、行政サービス改革をグローバルな視点から推進。 Society5.0 やスマートシティ等の社会基盤つくりにも参加。

講演日: 9月23日 事例セッション

昭和39年1月17日生,56歳。京都府京都市出身。(昭和60年3月龍谷大学文学部中退。) 平成元年4月広島県庁入庁。
11年4月総務部情報政策課主任。行政LAN・WAN構築など広島県庁の情報化に従事。
25年4月総務局行政管理課主幹,27年4月同局業務プロセス改革課参事,29年4月現職。

講演日: 9月23日 事例セッション

平成11年入庁。税、福祉、広報部門などを経験し、平成29年4月より現職。

講演日: 9月23日 事例セッション

平成6年三鷹市入庁、資産税課、市民課、番号制度推進本部事務局等を経て現職

講演日: 9月23日 事例セッション

1982年東京大学経済学部卒業。日本電信電話公社勤務を経て、1988年ハーバード大学経営学修士、1992年同経営学博士。
1993年慶應義塾大学大学院経営管理研究科助教授、2000年同教授、2003年環境情報学部教授、2006年総合政策学部教授。2005年SFC研究所長、2009年総合政策学部長、2013年慶應義塾常任理事。 専門は経営情報システム。Harvard University, Doctor of Business Administration

講演日: 9月25日 事例セッション

慶應義塾大学文学部図書館・情報学科卒
1987年―2001年 学校法人慶應義塾(図書館司書)
2001年―2003年 株式会社トムソンコーポレーション(セールスマネージャー)
2003年―2019年 学校法人慶應義塾 インフォメーションテクノロジーセンター(IT基盤)
2019年― 学校法人慶應義塾 経営改革推進室事務長(DX)

講演日: 9月25日 事例セッション

SAPジャパン新卒入社。HCMコンサルタントやプリセールスなどを経て現在SAP University Alliancesプログラムをリード。大学などの授業・研究等サポートの他、SAPのお客様やパートナー様を含めた産学連携プロジェクトのサポートも行う。また三菱地所とSAPが大手町にオープンした、目的あるInnovationを目指すコミュニティスペースInspired.Labの運営にも携わる。

講演日: 9月25日 事例講演

キーエンス、楽天、リクルートなどを経て、2017年にBox Japanに入社。現在、大学、物流、運輸、小売、不動産、メディアエンターテインメントなどの業界を担当する営業チームを統括。
Boxを活用した顧客企業、教育機関のDXやニューノーマル、それを支える情報セキュリティの向上の提案に従事。

講演日: 9月25日 事例セッション

国内事業会社を経て2005年より現職。一貫して公共事業部に所属し、中央省庁及び地方自治体、独立行政法人・大学法人等各種公共機関に対する国内外調査、業務分析・改善及び情報システムの企画~導入・運用等の多岐に亘るコンサルティングに関わる。

講演日: 9月25日 事例セッション

平成16年~17年に経済産業省において大学連携推進課の総括補佐を務めたほか、平成26年~28年に同省大学連携推進室長を担当し、平成30年より内閣府において現職に配属となるなど、大学関係施策の関係部署を歴任。理系バックグラウンドがある中、米国ジョージタウン大学MBAを取得しており、これまでエビデンスベースの政策立案を各方面で推進。

講演日: 9月25日 事例セッション

三菱総合研究所などで情報通信政策に関する研究・コンサルティングなどに従事したのち、2018年、LINE株式会社に入社。
公共政策室にて官公庁、自治体を対象とした渉外業務や、公共セクター向けのLINE関連サービス利用に関する提案、CSR活動、産学連携業務などを担当。2019年1月より現職。

講演日: 9月23日 スポンサーセッション

外資系大手ソフトウエア企業勤務、セキュリティ企業役員を経て、日本IBM(株)入社し現職。教育機関・政府・メディア・公益企業へコンサルティング、システム導入を支援している。兼務にて東北大学 データ駆動科学・AI教育研究センター特任教授(客員)としてサイバーセキュリティとAI教育にも従事している

講演日: 9月25日 スポンサーセッション

生命保険会社の基幹システムなどレガシーなシステムの開発からweb、クラウドに関する開発やPMなどの経験を経て、近年注目度の高いAIスタートアップでのPMやカスタマーサポート、ビジネス開発を経験。 日本最大のRPAユーザーコミュニティーRPACommunityの主催メンバーとしても活動。

講演日: 9月29日

株式会社オージス総研EDIサービス部所属。企業間連携サービス スペシャリスト。
複雑多様な企業間データ連携向けサービスの提供に従事。企業が利用するSaaSサービス間のデータ連携&集約ニーズに応える新たなソリューションの企画・開発を担当。

講演日: 9月29日

大阪府 出身
1989年JCB入社以来、一貫して法人営業に従事し、多くの企業アライアンスを実現。2004年法人営業部長。2006年経理部長(財務・会計・税務責任者)
2010年東海支社長を経て、理事。2014年営業開発部長。2018年プリペイド事業開発部長として激変する決済サービス市場でモバイル決済、アプリ開発を実施。2020年より現職。

講演日: 9月29日

白百合女子大学大学院文学部卒業。シティバンクN.A. 東京支店に入行以降、
15年間外資系銀行にてプロジェクトマネージャーやリレーションシップマネージャーとして銀行業務に従事。2019年7月タックスバックインターナショナル東京支店入社。

講演日: 9月29日

ネオアクシス株式会社に入社後、Concur導入プロジェクトに参画。 Concur Functional Consultant取得後、導入支援サービスの企画及びConcur導入コンサルタントとして、Concur導入からサポートまでトータルで支援を行う。趣味は、フルート演奏。

講演日: 9月29日

2014年からConcurビジネススタートアップメンバーとして開発・設計・保守業務に従事。 2019年からConcur導入コンサルタントチームの責任者を務める。 これまで約80社のConcur導入プロジェクトの経験を経て、ベストプラクティス適用のプロジェクトマネジメントと効果的な人事/会計システム連携の「つなぎ」を得意領域とする。

講演日: 9月29日

1998年入社。ITシンクタンクとのシステム開発業務、エンドユーザ様への業務システム提案、Concur導入プロジェクトマネージャーの経験を経て、2020年4月 Concur導入支援グループの責任者に就任。 お客様とともにConcurによるDX実現に取り組んでおります。

講演日: 9月29日

福岡県生まれ・福岡県育ち。
2011年入社。(10年目)
入社後、BtoBプラットフォーム受発注の営業を経て、2014年よりBtoBプラットフォーム請求書の立ち上げに参画。営業チーム・稼働チーム・大手営業チームの立ち上げ責任者を経験。2019年よりパートナー部門の立ち上げ責任者となり、現在に至る。

講演日: 9月29日

外資系コンサルティングファームを経てPwCコンサルティング合同会社に入社。リスクコンサルティング部門で全社リスクマネジメント(ERM)、DXと合わせたデータガバナンス・不正検知等のコンサルティングに従事。IT・通信・製造・金融機関を中心に、ERM・ガバナンス・新規事業戦略・ITプランニング等を支援しビジネス・リスク・ITを融合した支援経験が豊富。

講演日: 9月29日

法人事業部門 エンタープライズ営業本部 副本部長。
1991年アメリカン・エキスプレスに入社。保険事業部 部長他要職を歴任し、2017年より現職。

講演日: 9月29日

法人事業部門 エンタープライズ営業本部 コンサルティング マネージャー。 外資系金融機関、大手コンサルティングファームを経て2018年より現職。

講演日: 9月29日

2017年よりNTTデータ スマートソーシングに入社し、企画・営業担当としてSAP Concurの事業に携わる。
企業規模を問わず、NTTデータ スマートソーシングの強みであるSAP Concurの導入からBPOサービスをワンストップで提供し、お客様の課題解決と事業価値の最大化に貢献。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25,29日 スポンサーセッション

2012年よりSAP Concurの導入コンサルティングを開始し、2013年にSAP Concurの普及を目的としてアスタリスト株式会社を創業。
以来、あらゆる業種業態のお客様に対して国内最多の導入を誇り、2019年にはiPaaS「ActRecipe」によるSaaS・FinTech連携を展開。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25日 スポンサーセッション

2017年6月、アマゾンジャパン入社。以来、Amazonビジネス事業本部にて法人営業部門を統括。アマゾン入社前は、グーグルにてオンライン広告・メディア、クラウドサービスの営業管理職に従事、それ以前はセールスフォース・ドットコム、SAPにてインサイドセールスのマネジメント職を担当。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25日 スポンサーセッション

ERPを基盤とした経理・財務領域の業務改革・システム導入プロジェクトに従事。 昨今はConcur を活用したデジタル改革の推進を大手企業中心にご支援。 Concurに特化したクイック不正検知サービスのソリューション開発なども推進。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25日 スポンサーセッション

1ソフトバンク株式会社を経て、アカマイ・テクノロジーズ日本法人立ち上げに参画。2012年安全食品専門ECのホワイトフードを設立。AIによる会計分野の働き方改革への貢献を目指して2016年6月にファーストアカウンティングを設立。2019年に同社「領収書 読み取りAI」がフィンテックアワードの最優秀賞を受賞

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25日 スポンサーセッション

銀行勤務を経て2005年より三菱UFJニコスにてB2B決済の推進、法人向け経費精算ソリューションの商品企画、パートナーアライアンス、戦略立案を担う。2011年から2年間MUFG・三菱UFJ銀行に出向し大手企業向け決済事業検討。2014年よりConcur社とのカードデータフィード開発プロジェクトを統括し導入企業拡大に寄与。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25日 スポンサーセッション

1993年、株式会社住友クレジットサービス(現・三井住友カード株式会社)に入社
入社以来、一貫して法人営業を担当
2018年、株式会社三井住友銀行 法人戦略部へ出向
2019年 三井住友カード株式会社 法人戦略営業部長
2020年 同 ソリューション営業部 部長(現職)

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25日 スポンサーセッション

1991年に株式会社クレディセゾンに入社以来、法人マ-ケットへの金融商品やソリューションの提供に従事して参りました。
各業界・企業様のBtoBの商流に携わり、お客様の課題解決に取り組む事で企業間決済の効率化と利便性の向上に努めております。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25日 スポンサーセッション

2005年に入社以来、財務部や営業部、海外勤務を経て現職に至る。
様々な部署で多角的に培った知見を生かし、コンカー協業をはじめとする新規BTM提案業務にあたり、
多くのお客様からの信頼を獲得しながらBTMの価値訴求に努めている。
今後もBTMを通じて、国内外にわたるお客様のビジネスに貢献していく。

講演日:コンカーブースにて放映

ソニー株式会社に入社後、数々の新規事業開発、商品開発・導入に携わる。2018年よりJVであるみんなのタクシー株式会社設立、現職としてS.RIDEアプリによるタクシー配車サービスの企画、開発、運用、パートナー開発等を主導。 東京大学工学部卒業、同大学院新領域創成科学研究科修了。MITスローン経営大学院MBA。

講演日: 9月17,29日 コンカーセッション

1995年、日本電信電話株式会社(NTT)入社。以後約10年に渡り、通信業界において通信サービスの営業、製品・サービス企画に従事。

2005年にトレンドマイクロ、2010年に野村総合研究所に入社し、製品の事業責任者、プロダクトマーケティングを担当。
2014年よりコンカーの製品統括部 部長として製品戦略を担当。2017年より戦略事業推進室 室長として、電子帳簿保存法対応やSuica等交通系ICカードとの連携などの戦略事業の推進を統括。
政府や関連省庁・団体等へのロビー活動も担当。中小企業診断士。

講演日: 9月8, 10, 15, 17, 23, 25日 基調講演

​ ​

セッションプログラム

対象のタブをクリックすると詳細をご確認いただけます

9/8(火) 導入検討中
大企業さま向け

10:00 - 11:50

外部講演
"withコロナ時代を考える"

基調講演
バックオフィス業務のDXで変わる働き方  - ペーパーレス・キャッシュレスの実現に向けて -

12:00-12:30

【事例セッション】
間接部門デジタルトランスフォーメーションの第一歩 ~ 非競争領域における業務改革~

【スポンサーセッション】
コンカー・インボイスのAI自動入力

12:40-13:10​

【事例セッション】
全社一体となって取り組むデジタル活用による業務プロセス変革 ~3万4千人の経費精算をペーパーレス化~

【スポンサーセッション】
~Beyond Digital Transformation~ 経費不正のAI検知ソリューション「Fraud Checker」が実現するコンプライアンス強化と業務効率化の両立

13:20-13:50

【事例セッション】
建築設備会社における経費精算システム導入 ~精算業務効率化によるスマイルプロジェクトへの貢献~

【スポンサーセッション】
FinTech(銀行API・キャッシュレスサービス)とiPaaSで飛躍させるSAP ConcurのDX

14:00-14:30

【事例セッション】
「未来志向」のビジネスプロセス変革 ~ベストプラクティスによる”仕事の再定義”とは~

【スポンサーセッション】
今こそ!企業の経費キャッシュレス&デジタライゼーションを実現!~ 新たな働き方に最適な決済ソリューションとは~

14:40-15:10

【コンカーセッション】
請求書のペーパーレスはすぐに始められる!経理チームの出社を不要にするために、今から始められること

【スポンサーセッション】
法人向けカード決済ソリューション~法人カードの活用で加速する企業のDX~

15:20-15:50​

【事例セッション】
Concur導入による業務改革

【スポンサーセッション】
コーポレートカードを活用した経費精算業務の完全テレワーク化へ-ニューノーマル時代に向けて-

16:00-16:30

【事例セッション】
IT施策としての働き方改革 ~自社開発システムからクラウド活用への挑戦 ~

【スポンサーセッション】
Amazonが考えるイノベーションと経理業務のデジタル・トランスフォーメーション

16:40-17:10​

【事例セッション】
JALが挑んだ働き方改革~電子帳簿保存法適用まで進めたコンカー導入プロジェクト~

【スポンサーセッション】
承認レスは、本当にできるのか?日本企業が抱える悩みと解決ノウハウ

9/10(木)導入検討中
中堅中小企業さま向け

10:00 - 11:50

外部講演
“withコロナ時代を考える”

基調講演
バックオフィス業務のDXで変わる働き方  - ペーパーレス・キャッシュレスの実現に向けて -

12:00-12:30

【コンカーセッション】
中堅中小企業のための経費精算・請求書管理システム楽になるだけじゃない!効率化と管理レベルの高度化を実現!

【スポンサーセッション】
コンカー・インボイスのAI自動入力

12:40-13:10

【事例セッション】
ミカサ商事におけるコンカー導入事例

【スポンサーセッション】
~Beyond Digital Transformation~ 経費不正のAI検知ソリューション「Fraud Checker」が実現するコンプライアンス強化と業務効率化の両立

13:20-13:50

【コンカーセッション】
詳細解説!デジタル明細による「キャッシュレス=ペーパーレス」を始めるために知っておきたいこと

【スポンサーセッション】
FinTech(銀行API・キャッシュレスサービス)とiPaaSで飛躍させるSAP ConcurのDX

14:00-14:30

【事例セッション】
リモートワークの推進! 請求書含めた一元管理と電子化対応に向けて

【スポンサーセッション】
今こそ!企業の経費キャッシュレス&デジタライゼーションを実現!~ 新たな働き方に最適な決済ソリューションとは~

14:40-15:10

【事例セッション】
時代にあわせた経費規定の改定と請求書システム社内推進のコツ!大分トリニータはコンカー導入だけでは終わらない

【スポンサーセッション】
法人向けカード決済ソリューション~法人カードの活用で加速する企業のDX~

15:20-15:50​

【事例セッション】
テレワークにも対応!『紙』から『電子』へ進化する経費精算 ~Concur Expense・Invoice同時導入&電子帳簿保存法対応~~

【スポンサーセッション】
コーポレートカードを活用した経費精算業務の完全テレワーク化へ-ニューノーマル時代に向けて-

16:00-16:30

【コンカーセッション】
請求書のペーパーレスはすぐに始められる!経理チームの出社を不要にするために、今から始められること

【スポンサーセッション】
Amazonが考えるイノベーションと経理業務のデジタル・トランスフォーメーション

16:40-17:10​

【事例セッション】
テレワーク先進企業が実践する働き方とSAP Concurの活用について

【スポンサーセッション】
承認レスは、本当にできるのか?日本企業が抱える悩みと解決ノウハウ

9/15(火) 導入済み
大企業さま向け

10:00 - 11:50

外部講演
“withコロナ時代を考える”

基調講演
バックオフィス業務のDXで変わる働き方  - ペーパーレス・キャッシュレスの実現に向けて -

12:00-12:30

【ユーザー会セッション】
ユーザ企業同士のリアルな情報交換会

【スポンサーセッション】
コンカー・インボイスのAI自動入力

12:40-13:10​

【事例セッション】
リクルートホールディングスの働き方・間接業務改革

【スポンサーセッション】
~Beyond Digital Transformation~ 経費不正のAI検知ソリューション「Fraud Checker」が実現するコンプライアンス強化と業務効率化の両立

13:20-13:50

【事例セッション】
SAP Concur導入による間接業務トランスフォーメーションの取り組み

【スポンサーセッション】
FinTech(銀行API・キャッシュレスサービス)とiPaaSで飛躍させるSAP ConcurのDX

14:00-14:30

【事例セッション】
YKKグループでのCONCUR導入による経費精算業務の刷新について

【スポンサーセッション】
今こそ!企業の経費キャッシュレス&デジタライゼーションを実現!~ 新たな働き方に最適な決済ソリューションとは~

14:40-15:10

【事例セッション】
Travel & Expense グローバル展開の課題と展望

【スポンサーセッション】
法人向けカード決済ソリューション~法人カードの活用で加速する企業のDX~

15:20-15:50​

【コンカーセッション】
詳細解説!デジタル明細による「キャッシュレス=ペーパーレス」を始めるために知っておきたいこと

【スポンサーセッション】
コーポレートカードを活用した経費精算業務の完全テレワーク化へ-ニューノーマル時代に向けて-

16:00-16:30

【コンカーセッション】
請求書のペーパーレスはすぐに始められる!経理チームの出社を不要にするために、今から始められること

【スポンサーセッション】
Amazonが考えるイノベーションと経理業務のデジタル・トランスフォーメーション

16:40-17:10​

【コンカーセッション】
カスタマーサクセス活動のご紹介 -更なる活用に向けて-

【スポンサーセッション】
承認レスは、本当にできるのか?日本企業が抱える悩みと解決ノウハウ

9/17(木) 導入済み
中堅・中小企業さま向け

10:00 - 11:50

外部講演
“withコロナ時代を考える”

基調講演
バックオフィス業務のDXで変わる働き方  - ペーパーレス・キャッシュレスの実現に向けて -

12:00-12:30

【コンカーセッション】
カスタマーサクセス活動のご紹介-更なる活用に向けて-

【スポンサーセッション】
コンカー・インボイスのAI自動入力

12:40-13:10​

【事例セッション】
リモートワークの推進! 請求書含めた一元管理と電子化対応に向けて

【スポンサーセッション】
~Beyond Digital Transformation~ 経費不正のAI検知ソリューション「Fraud Checker」が実現するコンプライアンス強化と業務効率化の両立

13:20-13:50

【事例セッション】
脱「紙・ハンコ」から1年 ~ 領収書・請求書電子化により変わる財務部の意識と働きかた

【スポンサーセッション】
FinTech(銀行API・キャッシュレスサービス)とiPaaSで飛躍させるSAP ConcurのDX

14:00-14:30

【コンカーセッション】
請求書支払業務のDXを実現するConcur Invoiceのご紹介

【スポンサーセッション】
今こそ!企業の経費キャッシュレス&デジタライゼーションを実現!~ 新たな働き方に最適な決済ソリューションとは~

14:40-15:10

【事例セッション】
時代にあわせた経費規定の改定と請求書システム社内推進のコツ!大分トリニータはコンカー導入だけでは終わらない

【スポンサーセッション】
法人向けカード決済ソリューション~法人カードの活用で加速する企業のDX~

15:20-15:50​

【事例セッション】
テレワーク先進企業が実践する働き方とSAP Concurの活用について

【スポンサーセッション】
コーポレートカードを活用した経費精算業務の完全テレワーク化へ-ニューノーマル時代に向けて-

16:00-16:30

【コンカーセッション】
詳細解説!デジタル明細による「キャッシュレス=ペーパーレス」を始めるために知っておきたいこと

【スポンサーセッション】
Amazonが考えるイノベーションと経理業務のデジタル・トランスフォーメーション

16:40-17:10​

【コンカーセッション】
S.RIDEとコンカーが実現するキャッシュレス、レシートレスのタクシー経費精算御社で導入する方法は?

【スポンサーセッション】
承認レスは、本当にできるのか?日本企業が抱える悩みと解決ノウハウ

セッションプログラム 官公庁・教育機関・パートナー

対象のタブをクリックすると詳細をご確認いただけます。

9/23(水) 地方自治体・公共機関向け

10:00 - 11:50

外部講演
“withコロナ時代を考える”

基調講演
バックオフィス業務のDXで変わる働き方  - ペーパーレス・キャッシュレスの実現に向けて -

12:00-12:30

【事例セッション】
デジタル・ガバメント実行計画等の取り組み状況

【スポンサーセッション】
コンカー・インボイスのAI自動入力

12:40-13:10​

【事例セッション】
次世代の自治体が目指すべき姿~攻める自治体へのTransformation~

【スポンサーセッション】
~Beyond Digital Transformation~ 経費不正のAI検知ソリューション「Fraud Checker」が実現するコンプライアンス強化と業務効率化の両立

13:20-13:50

【コンカーセッション】
コンカーから始めるスマート自治体

【スポンサーセッション】
FinTech(銀行API・キャッシュレスサービス)とiPaaSで飛躍させるSAP ConcurのDX

14:00-14:30

【事例セッション】
自治体デジタルトランスフォーメーションの進め方 前編

【スポンサーセッション】
今こそ!企業の経費キャッシュレス&デジタライゼーションを実現!~ 新たな働き方に最適な決済ソリューションとは~

14:40-15:10

【事例セッション】
自治体デジタルトランスフォーメーションの進め方 後編

【スポンサーセッション】
法人向けカード決済ソリューション~法人カードの活用で加速する企業のDX~

15:20-15:50​

【事例セッション】
LINEスマートシティ-地方公共団体とLINEの取組を事例として

【スポンサーセッション】
コーポレートカードを活用した経費精算業務の完全テレワーク化へ-ニューノーマル時代に向けて-

16:00-16:30

【事例セッション】
ワンストップサービスと自治体のデジタル化

【スポンサーセッション】
Amazonが考えるイノベーションと経理業務のデジタル・トランスフォーメーション

16:40-17:10​

【事例セッション】
デジタル化時代における住民とのバリュー・チェーン経営

【スポンサーセッション】
承認レスは、本当にできるのか?日本企業が抱える悩みと解決ノウハウ

9/25(金) 教育機関
向け

10:00 - 11:50

外部講演
“withコロナ時代を考える”

基調講演
バックオフィス業務のDXで変わる働き方  - ペーパーレス・キャッシュレスの実現に向けて -

12:00-12:30

【事例セッション】
時空を超える大学の構築

【スポンサーセッション】
コンカー・インボイスのAI自動入力

12:40-13:10​

【事例セッション】
科学技術政策におけるデジタル化の現在地

【スポンサーセッション】
~Beyond Digital Transformation~ 経費不正のAI検知ソリューション「Fraud Checker」が実現するコンプライアンス強化と業務効率化の両立

13:20-13:50

【コンカーセッション】
研究費・経費管理のデジタルトランスフォーメーション(DX)がもたらす大学経営改革と課題解決

【スポンサーセッション】
FinTech(銀行API・キャッシュレスサービス)とiPaaSで飛躍させるSAP ConcurのDX

14:00-14:30

【事例セッション】
慶應義塾におけるデジタルトランスフォーメーションの推進

【スポンサーセッション】
今こそ!企業の経費キャッシュレス&デジタライゼーションを実現!~ 新たな働き方に最適な決済ソリューションとは~

14:40-15:10

【スポンサーセッション】
New Normalで変わる大学~DXによる研究・バックオフィス変革の必要性〜

【スポンサーセッション】
法人向けカード決済ソリューション~法人カードの活用で加速する企業のDX~

15:20-15:50​

【コンカーセッション】
海外の大学におけるSAP Concur導入事例のご紹介

【スポンサーセッション】
コーポレートカードを活用した経費精算業務の完全テレワーク化へ-ニューノーマル時代に向けて-

16:00-16:30

【事例セッション】
今求められる真の産学連携とは?- SAP University Alliancesでのリアルな取り組みをご紹介します

【スポンサーセッション】
Amazonが考えるイノベーションと経理業務のデジタル・トランスフォーメーション

16:40-17:10​

【事例セッション】
教育機関におけるBoxの採用事例のご紹介

【スポンサーセッション】
承認レスは、本当にできるのか?日本企業が抱える悩みと解決ノウハウ

9/29(火) 全企業様
向け

10:00 - 11:50

外部講演
“withコロナ時代を考える”

基調講演
バックオフィス業務のDXで変わる働き方  - ペーパーレス・キャッシュレスの実現に向けて -

12:00-12:30


DXで目指す経費精算のない世界〜Partner Ecosystemで変わるConcur World〜


デジタルトランスフォーメーション推進によるバックオフィスの変革

12:40-13:10​


Concur Invoice×LINEのOCRで始める次世代型請求書処理


「経理の新常識」BtoBプラットフォーム請求書のご紹介~5,000社以上の導入支援で見えた”請求書のペーパーレス化”について~

13:20-13:50


S.RIDEとコンカーが実現するキャッシュレス、レシートレスのタクシー経費精算御社で導入する方法は?


Amazonビジネスの情報を連携「eCubenetデータフロー Amazonビジネス コネクター」の紹介

14:00-14:30


デジタル・トランスフォーメーションに向けた経費のデータ管理 ~部分最適から全体最適へ~


「ニューノーマル時代におけるSAPコンカーJCB法人カード連動サービス」

14:40-15:10


iPaaSによるSAP Concurでのキャッシュレス活用

15:20-15:50​


~Beyond Digital Transformation~NTTデータ・スマートソーシングが目指す経費精算のない世界経費不正のAI検知ソリューション「Fraud Checker」による業務効率化


税の還付という新しいキャッシュ・フローで貴社収益に貢献を!

16:00-16:30


~Concur導入で経費精算業務60%超の削減を実現~ネオアクシスの経理業務改革と電子帳簿保存法対応のポイント


SAP Concur導入実績No.1企業が語る、DX成功のカギ

16:40-17:10​


App Center新ソリューションのご紹介


完全在宅勤務を実現するConcur Invoice、その導入方法とペーパーレス化のシナリオ
約80社のプロジェクト経験によるConcur Invoiceのノウハウ

オフィシャルスポンサー

アスタリスト株式会社

アスタリスト株式会社は、2014年に日本初の認定導入パートナーとなり、以来日本におけるSAP Concurの普及のご支援を最先端で行ってまいりました。2019年には日本初の財務会計領域に特化したエンタープライズiPaaS(integration Platform-as-a-Service)である「ActRecipe (アクトレシピ)」をローンチし、SAP ConcurとERPや会計システムをはじめとしたあらゆるSaaSとの連携、そして、銀行APIやキャッシュレス等のFinTechとの連携を開始しまして、一貫して経理財務領域の生産性向上をご支援してまいりました。

今後は、SAP Concurを利用される企業様のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させるために、ActRecipeによる外部サービスとの連携を強化してまいります。

更に詳しく見る

株式会社NTTデータ・スマートソーシング

NTTデータ スマートソーシングは、Concur® Japan Partner Award 2020において、「インプリメンテーションパートナーアワード」を受賞した導入難易度の高い数々の大型プロジェクトを推進したノウハウを活かしたインプリメンテーション、SAP Concurと周辺システムを連携するブリッジプログラムの開発、交通系ICカードリーダーをはじめとした各種オプションサポートをワンストップで提供いたします。 また、アジア初のBPOパートナーとして、お客様の様々なニーズに対応すべく、経費精算業務オペレーションごとに切り出した弊社独自のBPOソリューション「e-ZERO」を提供・運営しており、「IT」「BPO」「AI/RPA」を融合させたサービス群から間接費改革に取り組まれるお客様の課題解決と事業価値の最大化に貢献いたします。 ■提供サービス
  • ・SAP Concurライセンス契約/インプリメンテーション  SAP Concurのライセンス契約をはじめ、認定コンサルタントによるConcur Expense・Concur Invoiceの導入設定を実施いたします。
  • ・ブリッジプログラム開発  SAP Concurとお客様の周辺システム(会計・人事システム等)を連携するアプリケーションを開発いたします。
  • ・交通系ICカードリーダーのご提供  交通系ICカードの利用実績データをSAP Concurに自動連携するICカードリーダー(Pit Touch Pro2)をご提供いたします。
  • ・マニュアル/トレーニング  利用者向けの操作マニュアル作成やトレーニングを実施いたします。
  • ・ユーザーサポートデスク  SAP Concurの操作問い合わせをユーザーサポートデスクに集約し、専任体制にて運営いたします。
  • ・e-ZERO(経費管理BPOサービス)  入力代行や経費申請のチェック代行、電子帳簿保存法対応など、経費精算で発生するオペレーションをBPOセンターにて運営いたします。
  •  電子帳簿保存法に対応したワンストップBPOサービスである「One-step e-ZERO」やAIを活用した経費の不備・不正を検知するサービス「Fraud Checker」のご提供をはじめ、お客様の様々なニーズに対応したBPOサービスを準備しております。
    更に詳しく見る

    ファーストアカウンティング株式会社

    ファーストアカウンティング株式会社は、経理業務に特化したAIソリューションを提供しております。会計分野専門の自動データ化クラウドソリューション「Robota(ロボタ)」シリーズは会計・経理関連証憑画像から自動的にすばやくテキストデータ化する最先端のAI-OCR を中心としたAPIサービスです。多くの大企業やBPOセンターなど大量な書類を抱える場面で、経理関連処理を簡単かつスピーディーに改善することに活用され、働き方の改革やテレワークにも貢献しています。 AI-OCRを中心とした「Robota」シリーズのAIエンジンを搭載したソリューション「Remota」は、メールやオンラインストレージ経由で領収書や請求書の画像(JPEG または PDF)をアップロードすると、レポート作成に必要な箇所をAIが自動的に読み取り、直接クラウドサービスに取り込むことができるサービスです。csvなどのデータ形式でのダウンロードや、「Remota」を経由して「Concur Invoice」にAPIを利用して直接連携することができます。
    受け取った紙の請求書を「Concur Invoice」を入力する際に、今までは煩わしい手入力が多く発生していたと思いますが、まとめて複合機でスキャンし指定のメールアドレスに送信するだけで、登録を可能にします。 スキャンした請求書は、「Remota」上で記載されている発行日/請求金額/消費税額/発行元/支払先口座番号/請求書番号/その他必要な情報を文字データとして認識し、自動で整合性を確認しますので、入力作業負荷が大幅に軽減されます。

    更に詳しく見る

    三菱UFJニコス株式会社

    MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)の中核クレジットカード会社である三菱UFJニコスは、ビジネスの決済シーンに最適な商品を組み合わせて導入できる包括ソリューションの提供に積極的に取り組んでいます。 特にConcurへのデータ連携機能をコーポレートカードとセットで活用いただくことで、大企業における煩雑な経費処理を合理化し、生産性の向上を実現します。

    ◆導入メリット例
    【経費管理の効率化】 明細データをConcurに連携。手作業や紙ベースの事務を軽減します。
    【コスト削減】 企業の支払いをカードに一本化。振込手数料を削減します。
    【キャッシュレス化】 従業員の立替払いに関する業務を軽減。コア業務に人材を投入できます。 5千社を超えるコーポレートカード導入企業とのお取引で培った、経費精算システムを活用したデータソリューションノウハウをもとに、 最適なカード連携スキームをご提供いたします。

    更に詳しく見る

    三井住友カード株式会社

    三井住友カードは、上場企業の52%の企業に法人カードを導入(※1)頂いており、コンカーが提供する経費精算システム「Concur Expense」との連携実績でもNo.1の実績(※2)を誇ります。
    コーポレートカード(出張・接待費等)、及びパーチェシングカード(各種購買・公共料金・インターネット広告等)により、経費精算業務の課題解決に貢献いたします。 ※1,2)三井住友カード調べ、2020年6月時点

    1.三井住友コーポレートカードの特徴
    (1)ご利用残高のマンスリークリア
    締日の翌日に利用残高がゼロになり、明瞭な残高管理が可能

    (2)決済パターンの末日締め
    一般的な15日締めに加え、末日締めも設定可能
    月初~月末まで1ヶ月分の利用金額を管理でき、明瞭な経理処理が可能

    (3)コーポレートカードコントロール
    1回の決済上限金額、利用場所、日時を予め限定
    企業の管理者側で私費利用や不正利用を事前に防止することが可能

    (4)公私分離
    経費精算システムとの連動によりカード利用の「公費」と「私費」の判別が可能

    (5)法人カード入会・変更書面のデジタル化(検討中)
    法人カードの追加申込や変更、解約等、各種手続きのWEB化によるDX推進

    (6)豊富な加盟店基盤
    Mastercardブランドを採用している為、世界中のリアル・ネット店舗で利用可能 ※上記(1)~(6)については、以下のパーチェシングカードにおいても同様

    2.三井住友パーチェシングカードの特徴
    (1)プラスチックカード不発行
    カード番号・有効期限等を紙面で通知することで、対面取引での悪用を防止し、
    カード原板の紛失・盗難リスクを軽減

    (2)カード名義の自由な設定
    会社名や部署名等で自由に設定可能、人事異動や退職等に伴う事務手続きが不要

    (3)カードの利用制限
    1カード番号毎に、1回の決済上限金額や利用場所を予め制限し、不正利用を防止

    更に詳しく見る

    株式会社クレディセゾン

    クレディセゾンは出張および接待・交際費決済の「コーポレートカード」、備品・消耗品購入をはじめとしたBtoB決済の「パーチェシングカード」、社用車・営業用車輛費用(ETC・給油)決済の「フリートカード」など法人向け決済ソリューションを多数ご用意しており、企業の「デジタル化」「キャッシュレス化」、さらには「働き方改革」をサポートいたします。

    近年ご要望の多い利用データの還元や経費精算システムへのデータ連動にも対応しており、Concur Expenseへデータ連携では国内トップクラスの実績を誇ります。また、クレディセゾンは自社の経費精算システムにConcur Expenseを導入しており、経費精算システムの導入~カード情報との連携~データ活用方法については、より実践に即した情報提供が可能です。
    >クレディセゾンは全国に当社法人営業担当を有しており、企業ごとのニーズに合った決済ソリューションをご提供いたします。

    更に詳しく見る
    ​ ​

    セッションスポンサー

    アマゾンジャパン合同会社

    Amazonビジネスは、個人向けのAmazonに「様々な業種の購買ニーズに対応した法人向けの品揃えや割引価格」「請求書払いなどの決済方法」「組織利用のための承認ルール設定」などを追加した、法人・個人事業主様向けのビジネス購買専門サイトです。
    ご登録は無料です。コンカー様は、2020年6月、オージス総研様のデータ連携サービスを活用し、Concur ExpenseとAmazonビジネスとのデータ連携を開始しています。これにより経費精算の手入力を削減することができます。

    更に詳しく見る

    ⽇本アイ・ビー・エム株式会社

    日本アイ・ビー・エム株式会社は、「間接費改革の次世代プラットホーム」であるConcurを最大限に活かし た、本質的な間接費改革の推進をご支援しております。
    多岐にわたるシステム製品・サービスの提供の知見を元に、グローバル事例・不正検知・BPOといったサービスと Concur を組み合わせての支援実績が豊富です。

    更に詳しく見る

    PwC Japanグループ

    PwC Japan グループでは、コンカーから取得できる様々なデータの分析を通じて、経費・調達の不正利用のモニタリングによる予防の推進支援だけでなく、各種デジタルプラットフォームを活用し遠隔からの効率的且つ効果的な監査を実現する、「リモート監査」を推進していきます。
    また、様々な電子取引に係る取引情報の保存について、電子帳簿保存法の観点から、各種取引についての要件の充足等に係るアドバイスを提供するなど、グループ各社のシナジーを活かし、コンカ―導入企業における リスク管理、内部監査、電子帳簿保存法への対応を支援してまいります。

    更に詳しく見る
    ​ ​

    展示スポンサー

    株式会社ジェーシービー

    日本唯一の国際カードブランド会社であるJCBは、お客様の様々なニーズに応じた法人カードを提供しております。
    JCB法人カードは約15,000社以上の企業様に導入いただいており、業種・業態、民間・公共を問わず、幅広い企業、組織で経理業務の効率化に貢献しております。
    JCB法人カードの利用明細データをConcur Expenseへ日次連携することで、導入企業様はカード利用情報を随時確認する事ができ、経費可視化によるガバナンス強化・事務作業軽減による生産性向上を実現いただけます。

    「Concur Expense 」のプロフェッショナル版(大企業向け)、スタンダード版(中堅中小向け)とのカード連動スキームで培ったノウハウと、日本唯一の国際カードブランド会社だからこそ実現できるソリューションで、企業様に更なる付加価値をご提供いたします。

    更に詳しく見る

    株式会社セゾン情報システムズ

    セゾン情報システムズは、強みである HULFT/ DataSpider Servista を活用し、企業内・企業間およびConcurをはじめとしたSaaSと各種システムとの連携を行うサービスで、「つなぐ」だけではなく、統合型データ連携まで行えるリンケージサービスを提供しています。自社でもConcurを導入し、経費精算~ Concur Invoiceでの電子請求書管理まで活用したリモートでの経理業務を実現しており、その知識と実績を サービスとしてご提供できます。

    更に詳しく見る

    ネオアクシス株式会社

    2019年4月にConcurを社内導入したネオアクシスは、導入前との比較で60%超の経費精算業務の削減を実現しました。
    社内の導入ノウハウをベースに2020年4月より【Concur中小企業向け導入サービス】を提供しています。
    電子帳簿保存法の適用やIT助成金に関するご相談など、経費管理に関するお悩みは、是非ネオアクシスにご相談ください。

    更に詳しく見る

    LINE株式会社

    App CenterパートナーとしてLINE CLOVAのAI-OCRをSAP Concurプラットフォーム上で提供開始します。
    紙やPDFの請求書をCLOVA OCRで読み取りConcur Invoiceでデータ化、社内の請求書処理業務にご活用いただけます。
    更に詳しく見る

    クレスコ・イー・ソリューション株式会社

    当社は、株式会社コンカー認定のインプリメンテーションパートナーです。 SAP Concurの設定に関する専門知識を有しており、SAP Concur導入支援を、コンカー社に代わりに実施することを認められています。
    ~ 「出張・経費管理SAP Concur導入サービス」の特徴 ~
    (1)e-文書法の税務対応へのアドバイス
    SAP Concurのe-文書法対応機能で、スマホで撮影された領収書画像にタイムスタンプを自動押印。規制緩和後の領収書原本破棄を実現できます。 当社では、お客様がe-文書法を運用するために、e-文書法と電子帳簿保存法の制度の理解、適用に向けたスケジュールのご説明など、税務対応へのアドバイスが可能です。
    (2)手厚いマニュアル、トレーニングで安定運用を実現
    安定運用を実現するために、お客様のご要望に沿った、操作マニュアルの作成やトレーニングを行います。
    (3)SAP Concur導入から運用までトータルサポート
     SAP Concur導入後に発生する設定変更やSAP Concur窓口とのやりとりに対応する保守サービスで、導入後の運用までトータルサポートします。 ご要望にて、新規法人展開や規程改定などの業務要件とのFit & Gapを実施してSAP Concurの設計を支援します。
    (4)豊富な連携ノウハウで会計システムと最適に連携
     会計などのシステムとSAP Concurのデータ連携を、ツールやブリッジ開発など最適な方法で実現します。 SAP ERPとの連携は、貸借一致処理やマスタデータ抽出機能、並びにSAP会計伝票項目とSAP Concur項目のマッピングがプリセットされている、実績豊富な専用連携ツールにより、ブリッジ部分の開発工数を大幅に削減します。

    更に詳しく見る

    トランスコスモス株式会社

    トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めてまいりました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、世界33カ国・176の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。
    トランスコスモスでは、企業の受注、請求、支払業務をはじめ、業務を支えるITシステムの運用・保守など企業内間接業務を最適化するBPOサービスを提供しています。Concur Expense、Concur InvoiceのソリューションにBPOを組み込むことで、経費処理に関わる全てのプロセスを大幅に効率化することが可能になります。
    ■Concur Expense、Concur Invoiceの導入効果を最大化するBPOサービスメニュー
    ・導入支援サービス
    全国の拠点ユーザへの教育、研修プランをはじめ、利用ユーザ視点のマニュアル作成やシステム切替え時に増加する問合せ対応など、システム導入時の混乱を抑え、スムーズな運用開始、早期定着を支援します。
    ・モバイル端末運用サービス
    端末ごとのキッティング、アプリ設定や情報漏えい対策など、モバイル端末の導入企画支援から運用、廃棄まで、セキュリティの高いBPOセンターで端末を一元管理することで、安全かつ効率の良い運用体制を実現します。
    ・経費精算サービス
    Concur Expenseでの申請内容と領収書との突合せ、経費タイプや税区分の確認など、システム化の困難な領域についてオペレーションを提供。 月初に偏る業務負荷を軽減し、経理部門の高付加価値業務への集中を支援します。
    ・請求書処理サービス
    Concur Invoiceでの請求伝票のデータ化、仕訳や課税区分の確認をはじめ、銀行照会・組戻し対応や支払通知書の送付など経理部門の付帯業務もサポート。申請部門も含む請求支払業務全体の負荷を大幅に軽減し、効率化を実現します。
    ・システム運用支援サービス
    ユーザアカウントの追加・管理、規定改訂に伴うシステム変更をはじめ、日々のユーザサポートなどきめ細かい支援を行い、Concur運用業務の負荷を軽減します。

    更に詳しく見る

    株式会社リベルタス・アドバイザリー

    パートナーとして活動を開始して以来、中堅・中小企業攻略のキーパートナーとして連携強化を図ってきております。
    具体的には、コンカー社と共にProLITEやWEB Bridge ServiceのようなConcur製品がよりお客様に受け入れてもらえるようにするための新サービスを共同で開発・提供を行っています。

    更に詳しく見る

    みんなのタクシー株式会社

    S.RIDEアプリで事前にクレジットカードやApple Payを登録すれば、タクシー降車時にキャッシュレスで手間取ることなくスムーズに支払いできます。
    今回のConcur Expenseとの連携により、S.RIDEアプリでキャッシュレス決済されたタクシー乗車の利用明細が自動でConcur Expenseに連携されます。
    これにより、タクシー乗車による経費精算の際に乗車・降車地点や日付、金額などを入力していた煩わしさがなくなり、経費精算・管理に掛かっていた業務時間が大幅に短縮され、業務負荷が軽減されます。

    更に詳しく見る

    アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.

    アメリカン・エキスプレスは経費の視える化の先にある貴社のゴールを実現できる、唯一のカード会社です。 SAPコンカー導入によって透明化された経費データを有効に活用し、ROIを最大化できていますか? アメリカン・エキスプレスは決済ツールの提供だけを目的としていません。 5500社にわたるSAPコンカーとの連携によって蓄積された経費データと、企業コンサルティングによって培ってきたノウハウ、実数に基づくベンチマークを活用し、企業のガバナンス強化、業務効率化、コスト最適化に対するソリューションを提供することで導入効果を最大化します。

    更に詳しく見る

    メリディアン株式会社

    メリディアンは、海外出張時やその他海外の取引において支払った税金(VAT)の還付をお手伝いしています。これまでグローバルで40拠点、13,000社以上のクライアント企業にご利用いただいており、日本においても25年以上の実績がございます。*Fortune 500 の約50%の企業が利用。VAT Cloud:コンカーアカウント(コンカーエクスペンスまたはコンカーインボイス)からApp Center にあるVAT Cloud(VATアプリ)に接続することで、いつでも御社のVAT還付可能額を計算することができます(無料アプリ、接続5分以内)。 還付対象:主にヨーロッパと韓国における宿泊費、食事代、交通費、駐在員事務所経費、その他VATが課税された取引

    更に詳しく見る

    富士ソフト株式会社

    富士ソフト株式会社は、2012年にConcur Expenseをアジア最大級の規模で初めてConcurを導入しました。
    その後、日本国内初のConcur アライアンスパートナー契約を結び、2016・2017年に2年連続で数あるベンダーの中で最優秀パートナーアワードを受賞しております。また現在では140社(2019年実績)を超える会社にConcurを導入支援させて頂いており、国内導入支援実績はNo1でございます。またライセンス契約に加え、初期導入からアフターサポートまで一気通貫でサポートしており、今後もお客様の課題に真摯に向き合い、導入を支援して参ります。

    更に詳しく見る
    ​ ​

    プラットフォームスポンサー

    株式会社インフォマート

    BtoBプラットフォーム 請求書で取引先から受け取った電子請求データをAPI経由でConcur Invoiceに連携することができます。 連携することでConcur Invoiceで他の書類と共に社内回覧や承認、さらに支払処理までの作業が行えるようになり、業務効率化、業務プロセスの一元化に貢献します。

    更に詳しく見る

    株式会社オージス総研

    「Amazonビジネス コネクター for コンカー」は法人向け購買専用サイトAmazonビジネスとConcur Expenseを連携するサービスです。
    Amazonビジネスでの購入情報が簡単な操作でConcur Expenseに連携される為、経費精算における入力時間の大幅な短縮および入力ミスによる手戻りの解消が期待できるだけでなく、全社の経費精算が集中する管理部門の作業(申請された情報と支払予定の情報との突き合わせチェック、申請情報の不備によるフォロー 等)時間を大幅に節約することも期待できます。
    オージス総研の試算ではConcur Expenseユーザの時間短縮効果は導入前の60%、管理部門における時間短縮効果は同42%になります。特にAmazonビジネスの利用が多い大学や研究機関、企業でその効果は一層大きく、わずらわしい経費精算から解放され本来の教育や研究、業務に集中できる環境づくりに貢献します。
    「Amazonビジネス コネクター for コンカー」およびそのプラットフォームである「Cubenet データーフロー」に関する詳しい情報をご希望の方は下記よりお問い合わせ下さい。
    SAP Concur Fusion Exchange 2020で皆様にお会いできることを楽しみにしています。

    更に詳しく見る

    株式会社エムティーアイ

    高精度のAI-OCRを搭載!領収書読み取りアプリ『FEEDER』
    本アプリは高精度のAI-OCRを活用し、スマートフォンやタブレットで読み取った領収書の情報を 既存の経費精算システムに自動で反映します。
    入力ミスや漏れを防ぐことで業務効率化を実現し、企業の働き方改革に貢献するツールです。
    ■特徴
    〇『FEEDER』では日本独自仕様、独自UIを設計
     ※「Concur Japan Partner Summit 2018」にてイノベーションパートナーアワードを受賞
    〇AI-OCRを用いているため読み取り精度(識字率)が高い
    ・日付や金額など精算時に必要な項目が記載されている箇所を事前に設定する必要はなく、テキストデータとして読取りと記述内容の総合判断を行うため、書式が異なる領収書でも識別が可能
    ・処理している領収書がどの勘定科目に該当するのかもAIが判定
    ・画像からの活字識字率は1文字単位で約99%、データ項目単位(複数の文字)の認識でも約90%の精度
    〇SaaS製品のため、OSバージョンアップ対応等が不要 メンテナンスフリーを実現
    〇既存システム連携により大規模な改修が不要、且つ利用ユーザー数での料金設定により安価に導入が可能
    ・「Concur Expense」との自動連携が可能
    〇お客様のご要望に沿ったカスタマイズが可能
    (例)GPSを用いたタクシー利用の可視化など
    (例)レシートや各帳票の読み取りも可能
    〇万全のサポート体制

    更に詳しく見る

    ​ ​

    カタログスポンサー

    株式会社エヌオーイー

    海外出張の手配・管理を「システムサポート」と「ヒューマンサポート」の両面で支援する「株式会社エヌオーイー」。
    当社は、旅行業創業60年と、お客様の国内外での旅行・出張を数多くサポートしてまいりました。
    これまで培ってきた経験やノウハウを活かし、お客様の「旅」を安全かつ安心にお過ごしいただけるよう、 きめ細かいサービスを心がけております。
    Concur SolutionはBTM(Bisiness Travel Management)を行う上で最適なITソリューションであり、その導入によって 「コスト最適化」「業務効率化」「ガバナンスの強化」「危機管理」「出張実績の可視化」等の効果を実現することが可能です。
    更にConcurTravelの高い機能性と効果を最大限引き出すためには、TMC(Travel Management Company)の選択が大変重要です。
    NOE-BTMでは「導入支援」「マネジメント力」「ヒューマンサポート」「API連携」等を踏まえ導入前から稼働後まで 業務効率化に最適な「システムサポート」と、安心感と丁寧な対応で支える「ヒューマンサポート」の両面から 運用支援を行ってまいります。
    ConcurTravelのTMCをご検討の際は、ぜひ当社にご相談ください。

    更に詳しく見る

    タックスバックインターナショナル

    Taxback InternationalはVAT還付申請のグローバル・リーディング・カンパニーです.
    VAT還付のプロセスをすべて自社の世界30か国33拠点と集中税務プロセスセンターにより行い、各拠点で約12,500以上のお客様の信頼を得て、各企業の経費削減、VAT還付の最大化に強みを発揮しております。
    さらに、各国の言語対応可能なVATの専門家が126か国以上の税当局とRelationshipを構築し、お客様へのきめ細やかな対応を実現しています。
    SAP Concur社の経費、請求書関連システム、またグループ会社TransferMateのPayments Hubとのプラットフォームの連携により、VAT還付請求、請求書のクロスボーダー決済の効率化をシームレスに実現します。

    更に詳しく見る

    リコージャパン株式会社

    リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
    RICOHカンタン経費精算アプリは、リコー複合機とConcur Expenseが連携し、領収書の読取り・分割・OCR処理を実施し複数枚の領収書の一括処理を簡単に行い、経費精算業務における大幅な生産性の向上を図ることができます。
    また、電子帳簿保存法にも対応し、原本管理のための輸送・保管・管理の負荷も軽減し、経費精算業務全体の効率化を図り、お客様が取り組む「働き方改革」をご支援します。

    更に詳しく見る

    ボーダー株式会社

    出張の手配から経費の精算まで、全てをデジタル化するConcur ExpenseとBORDERの連携ソリューション。
    BORDERは出張における煩雑な予約手配・申請フロー・情報管理業務などを効率化するクラウドBTM(出張管理システム)です。
    450もの法人・組織がBORDERを活用し、以下の業務改善を達成しています。
    ・出張旅費の削減
    ・出張関連業務の効率化
    ・ガバナンス強化
    ・出張者の安全管理強化
    ・出張者の満足度向上
    Concur Expenseとの連携ソリューションにより、上記に加えて経費精算業務の効率化も達成可能です。

    更に詳しく見る
    ​ ​

    トラベルスポンサー

    株式会社JTBビジネストラベルソリューションズ

    コンカーとJTB-CWTのビジネストラベルマネジメントは常に進化しています。 Concur Travelによるオンライン予約やConcur Expenseへの精算データ連携といったこれまでの運用は、 導入実績にも裏打ちされた盤石なSAP Concur導入企業様専属の運用体制を構築し、出張関連業務の効率化や出張経費削減といった企業が求めるあるべき姿を具現化しています。 さらに、Concur Requestによる出張申請を、海外出張だけではなく国内出張でも実装するなど、ニューノーマルにあったこれからの出張管理を提案します。

    弊社は、お客様が目指すべきこれからのビジネストラベルマネジメントをコンカーと牽引し、パーフェクトビジネストリップマネジメントを実現していきます。 更に詳しく見る

    株式会社エイチ・アイ・エス

    当社は、企業様のグローバル展開のご支援を始めとした 『販路拡大』の一助となる様、 コンカー社と協業しビジネストラベルマネジメントを推進しております。
    その中で、ConcurTravelをはじめとしたご提案と導入の実績を評価いただき、 この度の「Concur® Japan Partner Award 2020」にてトラベルパートナーアワードを受賞いたしました。
    今後とも、基本となる旅費の削減、経費・工数削減等の『課題解決』のみならず、多角的に企業様のビジネスの拡大に、貢献してまいります。

    更に詳しく見る

    株式会社日本旅行

    日本旅行では、国内・海外出張の豊富な取扱実績に基づき、出張者とその管理部門の方々の利便性を追及するソリューションのご提案とコストセービングの実現にご協力いたします。
    ●ご提案するソリューション:出張なび = BUSINESS TRIP NAVIGATOR
    また、Concur Expenseと出張なびの連携により、出張データを日次で自動送信しますので作業軽減、業務の省力化を実現いたします。
    ●出張なびの主な機能:国内航空、鉄道、宿泊等の予約手配
         国際航空券、海外ホテル等の予約手配
         経費精算システム=Concur Expenseへの出張旅費データの自動連携(日次)
    ●出張なびと連携するオンライン予約システム
    ・JR東海道・山陽新幹線 “エクスプレス予約”
    ・JR西日本“e5489”
    ・日本航空 “JALONLINE”
    ・全日空 “ANA@desk”
    ・STAR FLYER “SF Biz”
    ・SKYMARK “サテライト”
    ・AIR DO “AIRDO Biz”
    ・リクルート “じゃらんコーポレートサービス”
    ・ベストリザーブ宿ぷらざ
    ・HOTEL SKIP(海外ホテル)
    ・オリックスレンタカー

    更に詳しく見る

    株式会社阪急阪神ビジネストラベル

    私どもは、業務出張手配やMICEなどのビジネスイベント事業を手掛けるビジネストラベル専業会社です。
     1948年の創業以来、半世紀以上に渡り培ってきた知見と、昨今のDX(デジタルトランスフォーメーション)に代表される IT化の潮流をミックスしたハイブリッド型ビジネストラベルを標榜して営業しております。
     羽田空港にヘルプデスクを常駐させ24時間365日に渡るサポート体制を確立、グローバルでは、『EGENCIA』社と パートナーシップを組み各国拠点とのネットワークを拡大しております。
    コンカートラベルパートナーとしてデータの連携はもちろんのこと、コンカートラベル導入支援にあたっては内部統制、 コスト削減を一番にきめ細かなサービスをお約束します。

    更に詳しく見る

    株式会社HTB‐ BCDトラベル

    弊社は、ビジネストラベルマネジメントを世界109ヵ国で展開しているBCDトラベルの一員として 日本に本社、支社(支店)を構えている企業様に、ご出張経費削減、ご出張時の危機管理、旅費規程に沿った手配等 企業様の業務渡航をトータルサポートしております。
    昨今の激変する社会情勢の中、お客様の抱える課題も多様化・複雑化しているかと思います。
    弊社では、企業様ごとに専任チームを編成し、トラベルコンサルタントによるきめ細やかなサポートに加え BCDトラベルの強みでもあるデジタルツール(TripSource、DecisionSourceなど)を活用し End to Endでお客様の抱える課題にお応えしてまいります。
    中でもSAP Concur社とは、Elite Partnerとして緊密な連携を通じて お客様の間接費削減、業務効率化の実現をサポートしております。
    Concur Expenseとのデータ連携については、Reports & Entriesを通じた連携が可能となっており、業務効率化のお手伝いを致します。 また、Concur Travel、Concur Request等の様々なProductとの連携においても数多くの企業様と実績がございます。
    創業以来、50年以上にわたって培った業務渡航のノウハウと各種デジタルソリューションとの融合で 「お客様からもっとも選ばれる旅行インフラになる」という経営ビジョンを実現し、お客様の価値創造に貢献してまいります。

    更に詳しく見る

    シンガポール・エアラインズ・リミテッド

    シンガポール航空は、Concur Travelを通じてコーポレート割引運賃を提供しており、既に数多くの企業様にご利用いただいております。
    さらに、Concur TripLinkとの連携により、弊社Webサイトから直接ご予約された航空券の出張管理をConcur上で行うことも可能です。
    また、ソーシャルディスタンスが求められる昨今、Concur Travelを通じた航空券のオンライン手配はもちろん、モバイル搭乗券や機内エンターテイメント・機内誌のスマートフォンでのご利用など、“コンタクトレス・トラベル”を実現。シンガポール航空は、これからの時代に合ったスマートで快適なご出張を提案いたします。

    更に詳しく見る

    HRS Japan 株式会社

    ビジネストラベルにおける宿泊カテゴリーは、多くの企業にとってコスト削減とプロセス効率化の大きなポテンシャルがあります。
    また、今日では出張者の安全管理の重要度が急速に高まっています。 HRSは、この分野での45年以上にわたる豊富な経験と、独自の先駆的テクノロジーにより、世界40,000社を超えるクライアント企業、出張者、ホテルパートナーに対して、出張の宿泊に関連するあらゆるプロセスをシンプルにし、企業のコスト削減を実現しながら出張者の満足度を高めることを目的としたソリューションおよびサービスを提供しています。
    世界中の企業のトラベルマネージャーならびに出張者から高い信頼を得ており、フォーチュン500社に入るAmazon、Google、シーメンス、アリババ、チャイナモバイル、フォルクスワーゲン等を含む多国籍企業3,000以上がHRSのエンド・ツー・エンド・ソリューションを利用しています。
    HRSのエンド・ツー・エンド・ソリューション
    HRSは、ホテル予約のバリューチェーン全体において総合的なソリューションを提供しています。全体的なベンチマークデータ、コンサルティング、戦略的ホテル調達のためのサービス、そして画期的な支払い・請求書発行ソリューションによる予約と請求書発行プロセスの自動化によって企業をサポートいたします。
    さらに、HRSとConcurのAPI連携により、Concurのクライアントは、Concurを通じてHRSの豊富なホテルコンテンツに直接アクセスできます。企業のホテルプログラムに基づいてパーソナライズされた検索結果が表示されることにより、予約者によるホテル検索・予約をシンプルにし、社内プロセスを最適化することが可能です。
    HRSは1972年にドイツのケルンで創立され、現在はロンドン、パリ、ミラノ、ニューヨーク、サンパウロ、ムンバイ、上海、シドニー、東京等から世界50以上のマーケットで事業展開しており、1,500名以上の従業員で構成されています。

    更に詳しく見る

    ルフトハンザ グループ

    ルフトハンザ グループは Concur Triplink との接続を昨年開始するなど、グローバルベースで業務渡航の改革に協力しております。

    更に詳しく見る

    株式会社リクルートライフスタイル

    じゃらんコーポレートサービスは法人向け出張宿泊予約サービスでございます。
    18,000社以上の導入実績があり、初期費用やランニングコストは一切不要のサービスでございます。
    じゃらんコーポレートサービスはConcur Expenseとデータ連携が可能でございます。
    データ連携により、企業様の工数の削減、ガバナンスの強化に寄与いたします。

    更に詳しく見る

    ​ ​

    特別協賛

    マスターカード

    調整中

    更に詳しく見る
    ​ ​

    メディア協力

    お問い合わせ

    お問い合わせは SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN 事務局

    Tel: 03-5768-3521

    Mail: scfe2020_eventdesk@cnsinc.jp までお問い合わせください。
    受付時間 10:00-18:00(土日祝・夏季休業除く)