導入のご相談: 03-4570-4666

FINANCE FORUM 2018 イベントレポート - 金融サービス業界の事例に見る間接業務の自動化と経費コストの最適化

2018年5月に開催されたFINANCE FORUM 2018のイベントレポートです。「金融業務改革がもたらす収益力強化」をテーマに金融サービス業界の事例を紹介しながら、間接業務の自動化と経費コストの最適化を実現する手法をご紹介しました。

「紙」の経費精算は生産性が低い
日本のビジネスマンは生涯で52日を経費精算に費やしており、領収書ののり付けに生涯17日を費やしています。労働人口と国内市場が縮小する中、ホワイトカラーの生産性向上は喫緊の課題です。

大手証券会社では紙での領収書の保管コスト年間5億円!
ある大手証券会社では、領収書だけで年間6,000箱発生し、その管理コストは総額5億円にものぼり、日本全体で約1兆円を超えるムダが発生しており、適正化の余地は十分にある。

「集中購買」で出張費を抑える
会計システムではベンダー名や詳細情報が欠落、コスト削減に十分な情報が得られない。経費管理システムの整備により、集中購買化とコスト管理への道筋が見えてくる。