導入のご相談: 03-4570-4666
お問い合わせ
03-4570-4666
03-4570-4666

西洋フード・コンパスグループ株式会社

経費精算時間1/3、ガバナンス強化を社内で提言し、Concur Expense の導入を決定

西洋フード・コンパスグループでは、全社共通の自社開発システムでグループ会社も含めた経費精算業務を行っていました。

しかし、顧客企業への営業交渉や、新規顧客の開拓といった出張費の経費精算にかかる多大な時間と労力削減のため、経費精算処理にかかる時間を1/3に短縮することを目指し、2016 年に Concur Expense を導入しました。

スマホを見て承認できるため、経費精算のプロセスの遅延も無くなったうえ、監査ルールの設定によりガバナンスも強化。人件費の高い承認者の経費精算業務の負担削減といった効果も出てきました。

今後は電子帳簿保存法対応も進めたいと考えています。


SAP Concur を選択した理由

  • 経費精算にかかる多大な労働時間の短縮
  • 監査ルールによるガバナンス強化
  • 税制改修等の社会的制度変更への迅速な対応
  • 電子帳簿保存法への対応

「経費精算にかかる見えないコストとも言うべき労働時間の短縮、監査ルールによるガバナンス強化を強調し、経営陣の理解を得ました」

- 西洋フード・コンパスグループ株式会社 グループ経営管理部門 経理部長 田中 和弘


業種

食品・飲料

従業員

4262

地域

東京, 日本

利用製品

Concur® Expense

利用可能な事例資料