お問い合わせ
03-4570-4600
03-4570-4600
Receipt Monster

まだ経費精算に
つかまってるの?

製品詳細・お問い合わせはこちら。

詳しく見る

まだ経費精算につかまってるの?

製品詳細・お問い合わせはこちら。

詳しく見る

Receipt Monster

株式会社大分フットボールクラブ

本業に注力し成長を加速させるため Concur® Expense Standardと Concur Invoice Standardを導入! 間接業務の効率化と社内規定の見直しを実現

本事例の内容

  • クラブの成長に向けIT 化を推進業務効率化と社内規定の見直しも検討
  • 収益向上に向けた意識改革を目指しSAP® Concur® を導入決め手は現場と経理両方の工数減
  • 権限委譲や稟議規程を変更し、効率化とスピードアップを実現
  • J1定着という目標のため電子帳簿保存法適用にも取り組み、さらなる成長を目指す

  • 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に所属する大分トリニータの運営会社である大分フットボールクラブは、2009年の経営難から徐々に回復を果たし、2019 年、経営再建フェーズを終了した。

    チームもJ1(1 部リーグ)に復帰し、これから成長へと大きく舵を切るべく、同社は経営資源をビジネスのドライブに集中するために経費精算と支払い業務にConcur Expense StandardとConcur Invoice Standardを採用。決裁権限や稟議規定の見直しも進め、より効率的で正確な処理を可能にした。コロナ禍で対応を求められたテレワークにもいち早く対応し、間接業務のムダを減らすことで本業に集中しながら成長を加速させている。

    大分トリニータは2003年から7年連続J1で戦っていたが、2009年にJ2(2部リーグ)への降格が決まった際、運営会社の大分フットボールクラブは経営危機に直面していた。その後J3(3部リーグ)なども経験しつつ経営再建に邁進した同社は、2019年には経営再建フェーズが終了し、チームもJ1 に復帰した。同社の経営企画部 部長 河野真之氏は、「行政と企業、県民・市民が三位一体となって、多くの皆さんの協力を得ながら運営している地元密着型の地域に愛されるサッカーチームです」と語る。

    同社は10年前の経営危機以来、経費削減が大きな旗印となり細かい部分まで管理する方針となっていたが、その結果、会議書類や稟議書類が膨大となる弊害も生まれていた。「再建フェーズが終わり、これからクラブが成長していくタイミングで、まずはシステムを導入し経費削減だけでなく効率化としてIT 化を進めていこうという機運が生まれました。その中でも、懸案だった書類の削減を進め、合わせて業務効率化のために全体的な社内規定も見直し浸透させていくことにしました」と河野氏は語る。

    続きは是非事例でご確認ください。

    ※本事例はConcur Expense Standard, Concur Invoice Standardのものです。


「J1に定着することを経営目標に、引き続き SAP Concur を活用して間接業務の効率化に注力していきます。 本来の業務に集中できる環境を整え、さらなる成長につなげていきたいです」
株式会社大分フットボールクラブ 経営企画部 部長 河野真之氏


業種

エンターテイメント

従業員

47名(2020年10月現在)

地域

大分

利用製品

Concur Expense 経費精算
Concur Intelligence 分析レポート
Concur Invoice 請求書管理
Concur® Request

利用可能な事例資料